AppTweakを使ってiOS 15を攻略

iOS 15

iOS 15コンバージョン最適化のコンテンツハブ

新しいiOS 15では、Appleはアプリ開発者向けにアプリページを最適化するための機能を導入します。以下にこれまでに公開したことのないApp Storeクリエイティブに関する独自のデータを含む、iOS 15に備えるために必要な情報を集めました。

iOS 15: ASOの新機能について

Appleは9月に、最新のiOS 15をリリースします。本リリースはiOS 11以来の最大のアップデートであり、デベロッパーがアプリページをより効果的に活用できるよう設計されています。

詳細はこちら
  • プロダクトページの最適化

    プロダクトページの最適化

    AppleはA/Bテスト機能をリリースしました。アプリ開発者は異なるアプリページを最大3つテストすることが可能になり、どの設定が最もオーディエンスに響くかを確認できます。


    アプリ開発者は、アイコンやスクリーンショット、アプリのプレビュー動画などをA/Bテストできるようになります。

  • カスタムプロダクトページ

    カスタムプロダクトページ

    アプリ開発者は、最大35種類のアプリページのバリエーションの作成が可能になり、多様な機能やコンテンツをユーザーにアピールすることができます。


    これらのカスタムプロダクトページは、独自のURLでアクセスできるため、広告主は広告キャンペーンの新しい手段として活用することもできます。

  • アプリ内イベント

    アプリ内イベント

    アプリ開発者は、ユーザーをより惹きつけるために、イベント(チャレンジ、企画、アップデート、新シーズンなど)をApp Store内で直接宣伝できるようになります。


    イベントカードは、1)製品ページ、2)検索結果(すでにアプリをダウンロードしているユーザーにはスクリーンショットの代わりに)、3)編集コンテンツに表示されます。

クリエイティブの最適化のデータとベストプラクティス

2022年には、コンバージョン最適化がすべてのASO担当者の戦略の中心と予想されます。プロダクトページの作成を含むA/Bテスト戦略の策定する際、徹底した調査と計画が欠かせません。そのため当社のデータサイエンティストチームは、App Storeのクリエイティブトレンドに関する独自のデータを収集しました。以下に、攻略法やベストプラクティスを掲載したブログ集もご紹介しています。

iOS 15で活用できるAppTweakツール

AppTweakは、データサイエンスを活用した最先端のASO対策ツールです。シンプルなインターフェースで実用的なインサイトを提供し、モバイルアプリやゲームを成長させます。

世界70か国以上、1,500社以上のモバイルリーダーに信頼されています。

カスタムプロダクトページのプレビュー

AppTweakのApp Page Preview機能を使えば、プロダクトページがiPhone Xでどのように反映されているかをシミュレートできます。

比較

プロダクトページと現在のアプリページを簡単に比較できます。

ダークモード

プロダクトページをダークモードでプレビューできます。

ログインまたはサインアップ
App Preview Feature

競合アプリのA/Bテストを監視する

プロダクトページの最適化は、iOSではまだ実施されてませんが、Google Playでは以前から行われています。AppTweakは競合他社が行っているGoogle PlayでのA/Bテスト戦略を元に、自社のアプリのiOS戦略に役立てる情報を提供します。

メタデータのタイムライン

競合他社がいつ、どのくらいの期間、A/Bテストを行っているのかを知ることができます。

A/B テストの確認

競合他社がA/B テストしているクリエイティブを確認することができます。

ログインまたはサインアップ
AppTweakのタイムライン